プロフィール

水谷 研吾

デザイナー 水谷 研吾

東京生まれ。デザイン事務所で20代~30代を過ごすかたわらで2003年にレザーブランドBLOW DESIGNをワンルームマンション内で立ち上げ、その後2010年外神田にWCYAN(ダブルシアン)設立。翌年に「昭和の悪ガキがいたずらで作るモノ」がコンセプトの「悪G堂」を立ち上げ、「大人のランドセル」や「リアルバケツトート」、「山谷ディバッグ」などオリジナル商品をリリース、ふわっと話題に。2015年よりフリーランスデザイナーとして活動中。お呼びが掛かればどこへでも!持ち前のフットワークとデザインワークで都内より参ります。

受賞歴
1996年 読売広告大賞社会・環境部門 優秀賞
2012年 毎日広告賞第1部/広告主課題の部 佳作
2013年 ビレッジヴァンガードクリエイターコンペ 入選
2014年 ロハスデザイン大賞 入選

プロダクトなどのメディア掲載

meisi
悪G堂

ageha
W CYAN

広告制作会社に勤務しながら、自分のブランドを立ち上げるために商品作りをはじめました。
「ネットからオーダーメイドできるスタッズ革製品ブランド」W CYAN
コンセプトが、「昭和の悪ガキが考えるイタズラ」悪G堂の商品企画・開発・PR〜販売まで、
1人メーカーとして、全てひととおりの事に携わりながら感じる「ブランディングのリアル」は貴重な体験。
そんな何でも屋的デザイナーですが、シンプルに
デザインや広告が好きなんです。

自分でブランドを作り、せっせとPR文を考える。架空じゃイヤだから実際に商品を作り、
メディアで取り上げていただけたら調子にのって、また作ってPRする、もちろん真剣に作っていますし、
こんな面白い事はありません、同じくらい大変な事もあるけれど。

グラフィックデザインを軸に、様々な企業やお店が作った大切な商品やサービスの個性を活かしながら、
「伝わり方」をプロデュース出来るデザインをご提案できたらと、日々制作しています。

 

[ 業務内容 ]

■グラフィック
チラシ、パンフレット、会社案内、新聞、雑誌広告、
ポスター、フライヤー、ショップカード、パッケージデザイン、
などに関わるデザイン&アートディレクション全般

■ブランディング
ロゴデザイン、名刺、封筒、会社案内、
駅看板、立て看板、ショップカード、ノベルティーグッズ などに
関わるコンセプトワークやデザイン&アートディレクション全般

■Webデザイン制作
ウェブサイトのデザインはもちろん制作から管理更新まで、
外部クリエイターと連携してご提案いたします。

■プロダクト
自ら運営しているブランド「悪G堂」や悪G堂と他企業様とのコラボレーション、
他社様独自製品の開発からPRまで一貫してお供できる体制で望みます。
詳しくはこちらの事例をご覧ください。

■写真撮影
外部の連携カメラマンと、規模やご予算に応じた体制で望みます。
チラシ1枚からページモノまで対応可能です。

デザインに限らず、制作物等でお困りな事がありましたら、何なりとご相談ください。

こちらまでどうぞ

© 2014 - 2018 mizutani design All rights reserved.